離婚

離婚する際に相手が応じてくれるのかという問題はもちろんのこと
後のトラブルを避けるために双方で確認しておかないといけないことがいくつかあります。

  • 財産分与について
  • 慰謝料の支払いについて
  • 婚姻費用の分担について
  • 第三者に対する慰謝料請求について
  • 子供の養育費の負担について
  • 親権者、親権者監護について
  • 子供との面会について

 

協議(お話合い)により、離婚が成立する場合でも前は1〜7についてきちんと書面を作成し、双方で確認しておくことが大切です。
当事務所では、協議離婚の際の離婚公正証書文面作成のお手伝いや協議でまとまらなかった場合の調停や訴訟の申立書類の作成のお手伝いをいたします。
(なお、調停、訴訟の日時には家庭裁判所にはご本人様に行っていただく必要があります。 )

 

このページの先頭へ