相続登記

不動産(土地・建物)の所有者が亡くなられたときに、相続人の方にその名義を移すことを相続登記といいます。
相続登記の際、まず相続人が誰であるかを確定する必要があります。遺言、遺産分割などである特定の相続人が財産等を承継すればその相続人が、そのような事情がなければ法定相続分に従って各相続人が、相続登記における名義人となります。

相続手続きの流れ

 

死亡届の提出
死体火葬許可申請書の提出
(7日以内)

次へ

相続人の確定・遺産の確認
(財産目録の作成)

次へ

排除者・欠格者の調査
相続放棄・限定承認
(被相続人の死亡を知った時から3か月以内)

次へ

遺産分割協議

次へ

協議成立

次へ

遺産分割協議書の作成

協議不成立

次へ

調停・審判

次へ

名義変更手続き
(相続による所有権移転の
登記手続き)

次へ

相続税の申告・納付
(被相続人の死亡を知った日の翌日から10か月以内)

 

 

相続登記に必要な書類

  • 被相続人(亡くなられた方)の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 被相続人の住民票(除票)または戸籍の附票(除票)
  • 遺言がある場合は遺言書
  • 遺産分割協議をした場合は遺産分割協議書、参加された相続人の印鑑証明書
  • 相続人の戸籍謄本
  • 相続人の住民票
  • 固定資産評価証明書

1、2、5、6、7については当事務所でお取りすることが可能です。
4については当事務所で作成します。
以上の書類以外に必要な場合があります。

相続登記にかかる期間

相続関係が複雑でなければ、約1か月程度でできます。
しかし、事例によっては約2か月- 3か月程度かかる場合があります。
詳しくは、当事務所までお気軽にご相談ください。

-相続登記の費用等はこちら

このページの先頭へ